木島幼稚園ブログ

生活発表会

2月13日(土)エブノ泉の森ホールにて、生活発表会が行われました。

3学期が始まってから、お遊戯や合奏・合唱の練習に取り組み、一生懸命な子ども達の姿に成長を感じます。

コロナ禍での行事のため、手の消毒やマスクの着用、部屋の消毒や換気などにも気を遣う反面、やはり子ども達にとっての「発表会」は特別な物。また、子ども達の成長をご父兄に近くで見て感じて頂きたく、例年と違った形をとりながらの開催となりました。

最年少・年少クラスにとっては、初めての発表会!慣れた幼稚園では堂々と踊ったりしていても、幕が開いて目の前の客席の広がりにびっくり!!それでも泣いたりせずに、元気いっぱい参加してくれました。小さい分、「舞台に立っているだけで、十分可愛い(*^_^*)」と言われますが・・・小さくても毎日の練習頑張ったもんね、「とっても可愛くて、一生懸命で、にこにこで、いつもより大きくみえたよ!」

年中クラスになると、去年の記憶もあってソワソワ・・・お遊戯の衣装も楽しみ!何の曲で踊るん、自分の担当の楽器はなんやろな?立っているだけで可愛いお年頃から抜け出し、ぐっとお兄さんお姉さんに。取り組む曲も難しくなり、先生にも力が入ります。その期待に応えつつ、でも楽しそうに参加してくれました。お友達と「一緒に」「力を合わせて」が分かってきたかな♪舞台に立つ姿に頼もしさも感じつつ・・・。お遊戯も元気いっぱいで素敵でした(*^_^*)

年長クラス、いよいよ最後の発表会!年長にもなると、この曲がいい!と子どもからリクエストが入ります。担任も、「なんかかっこいいポーズない?」と頼りにしてみたり。目の前にある与えられたことを、一生懸命に頑張る子ども達。いつの間にか、大きくなりました。少しずつ色んな経験をしながらお友達と育ち合い、本当に大きくなりましたね♪ 堂々と舞台に立ち、合奏や合唱はさすが年長さん。お遊戯も、楽しく見せてもらいました。本物のアイドルみたいでした(*^_^*)

例年になく消毒や検温への御協力を頂き、また2部制での開催に対しましても、ご理解・ご協力頂きましたご父兄の皆様に、厚く御礼申し上げます。無事に発表会を終えることができました。

今年度も残りわずかとなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

このページの上部へ